BIOGRAPHY

輪入道

平成2年東京生まれ。千葉の埋立地で育つ。

アーティスト名の由来は石ころをダイヤに変えてみたかったから。2007年に活動を開始する。

千葉CLUB BELTのREPRESENT MC BATTLEに17歳で出場し優勝、ラップをはじめて4ヶ月で賞金20万円を手にした。

2008年、関東各地のクラブイベントに出演。年間131本に及ぶライブショーケースを「フリースタイルのみ」でやりきる。

2009年「B-BOY PARK」LIVE出演。

2010年頃、MC鬼と鬼一家率いる赤落プロダクションに最年少で所属。2012年の脱退まで活動を共にする。

その後レーベルは解散、一人で訪れた沖縄での出会いと言葉がきっかけで「フリースタイルのみ」のスタイルを変えて作品制作に取り組むことを決意する。


2013年、自身主宰のレーベル「GARAGE MUSIC JAPAN」を立ち上げ1stアルバム「片割れ」をリリース。

2014年、核MIXやB-BOY PARK FINALなど各地のMCバトルにおいて「6大会連覇」を成し遂げる。年間で合計9大会優勝。

2015年、BSフジの討論番組「長渕炎陣」へ出演。

その経緯から「長渕剛10万人オールナイト・ライヴ 2015 in富士山麓」のステージにも立つ。年末の「罵倒 GRAND CHAMPION SHIP MC BATTLE」で悲願の優勝も果たす。


2016年にはテレビ朝日で放送中の「フリースタイルダンジョン」に初出演、コンプラだらけのパフォーマンスが話題になる。また、選挙管理委員会主催のイベント「TOHYO都」でのLIVEも注目を集める。テレビ番組「ヨッ!あんたが大賞!」や「NOGIBINGO!」にも出演するなど活動の場を広げる。


2017年、年明けに「KING OF KINGS」準優勝を飾り、翌月には2ndアルバム「左回りの時計」をリリース。収録曲の「徳之島」はスマッシュヒットとなり7inchシングルも展開する。全国各地をLIVEで回る中、Fresh!でのネット番組「わにゅう道場」をスタート、千葉で開催されたアルバムリリースパーティーも同番組で生配信を行う。また、WREPで開始されたラジオ番組「渋谷WREP学園」にもレギュラー出演した。

そして噂になっていた「フリースタイルダンジョン」第二期の新モンスターとしてレギュラー出演が決定。数々の名勝負を生み出し、年末の特番ではDOTAMA・mu-tonとタッグを組んだ「チーム輪入道」として優勝をおさめ賞金300万円を勝ち取る。


2018年には地元千葉を代表するラジオ局bay fmにて自身の冠番組「暴走ぱんちらいん」がスタート。同時期にスマホアプリゲーム「覇道任侠伝」とのタイアップによる楽曲とPV制作を指揮し、参加メンバーと共に5月開催された「Tokyo Street Collection」にて1万人の前でLIVEを披露した。更に同月にbay fmとのコラボイベント「SEASIDE HOOD」の開催、自身初となる東京での主催イベント「暴道祭」を渋谷O-WESTで行い、ぶっ飛んだ内容で話題となった。


2019年2月、自身初となる客演集アルバム「助太刀」をリリース。続いて3月には3rdアルバム「HAPPY BIRTHDAY」を世に送り出す。

7月にはプロ野球の千葉ロッテマリーンズからオファーを受け応援歌を制作。千葉市の市外局番「043」の背番号のピンストライプユニフォームでZOZOマリンスタジアムでのライブも敢行した。

10月、2年間看板を背負ったフリースタイルダンジョン2代目モンスターを卒業。

その卒業制作となる「2代目THE EP」の制作を指揮し、自身のレーベルより配信&CD販売を行う。


2020年3月CLUB CITTA'川崎にて開催された「真・ADRENALINE」MC BATTLEにて見事優勝を飾る。

勢いをそのままに1年ぶりとなる待望のNew Album「光」をリリース。HIPHOP界の話題をさらっている。


活動の幅を広げ常に邁進するラッパー「輪入道」から目が離せない。